アルバート通り、スーパーマーケットで朝食を! 

最近モスクワにアーズブカフクーサというスーパーが増えてます。輸入品が多い高級スーパーのカテゴリーですが、品揃えも多いのでモスクワっ子達や外国人の間で人気のお店です。
このマーク、みたことあるのでは?
ロゴ

街中にたくさんありますが、私、あーしゃののお気に入りは旧アルバート通り入り口の大きな外務省ビルの隣にあるアーズブカ。広くて品揃えも多くちょっとしたお土産も買えます。
でもお気に入りの理由はそれでだけではありませんよ。 ここにはビストロという食事が出来るカフェが併設されているのです。
外観

スーパーの入り口を入って、左側の奥にビストロはあります。 スーパー自体は24時間営業ですが、ビストロは朝8時から夜11時まで。
何を食べても美味しいですが、朝食は特におすすめ。 時々休日にお友達と朝ご飯を食べに来るくらいです。 朝食メニューは
英語が併記されているので外国人でも大丈夫。 高級スーパーのわりには価格も100ルーブル代のものが多くリーズナブルです。 
店内はおしゃれで落ち着いた雰囲気。
では、ちょっと美味しいメニューのご紹介を。(価格は2018年12月現在)
まずはサーモンのクロワッサンサンド。290ルーブル (約493円)(写真)
朝食カントリー 150ルーブル (約255円)
カントリー

エッグベネディクト 250ルーブル (約 425円)
エッグベネディクト

自家製シールニキ (カッテージチーズのパンケーキ)150ルーブル(約255円)
シールニキ

カフェラテ 159ルーブル (約270ルーブル)
カフェラテ

パンの籠は無料でついてきますよ。
 ホテルの朝食もいいけど、旧アルバート通りを散策するなら、その前に美味しい朝食を食べて気分とお腹をみたしてから散策に繰り出すのもいいかもしれませんね~。 /あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


お店のURL(ロシア語)
https://av.ru/lp/bistro/


にほんブログ村


にほんブログ村




カラダにイイカフェ、おすすめです/カフェ・ゴーラド・サッド 

最近ロシア人もだんだん健康志向になってきました。そのせいか、街は自然派とかエコフードのお店が目立つように。 今日ご紹介するカフェは自然食品のお店とカフェが併設されている「Город Сад (ゴーラド・サッド)」です。

日本語だと「庭の街」。 コンセプトは自然。 お店に置いてあるのは体にいいものばかりです。 結構な人気で市内に 11店舗あります。
場所により、お店の大きさは様々ですが、このチアトラーリナヤ店は広々としていてゆっくり出来ます。
Russia_Moscow_cafe_Gorodsad_interior.jpg

店に入ると最初のフロアにカフェ、奥がお店になっています。
Russia_Moscow_cafe_Gorodsad_interior2.jpg

女性が一人で本を読みながらコーヒーを飲んでいたり、座って仕事をしながらお茶をしていたり、大きな声で話すグループ客は少なく、静かで寛げる感じ。
自然派カフェだけあって、ベジタリアンやビーガンにも対応。 ケーキはグルテンフリーのものが主体です。 
なぜならお店のコンセプトは
- Мы ставим на полки только продукты, которые приносят пользу организму. 
(体の組織によいものしか店の棚に置かない)
だからです。
ラテを頼むとまず「ミルクは何にする?」と聞かれます。ココナツミルク・アーモンドミルク・普通の牛乳から選べます。 
缶のマンゴージュースを買ってみましたが、100%だけあって、ネクターのように濃厚でした。
Russia_Moscow_cafe_Gorodsad_bananacake.jpg
グルテンフリーのバナナケーキも自然の甘さで美味しい。胡桃が入っていましたよ。
Russia_Moscow_cafe_Gorodsad_bananacake_latte.jpg
ラテは200ルーブル(約320円)、マンゴージュースは112ルーブル(約180円)、バナナケーキは145ルーブル(約232円)でした。拘っているから高いかと思いましたが、あまり他のカフェと変わらないです。


テイクアウトする人も結構多くて、お店には次から次へと人が入ってきます。 女性が多いです。 最近のロシア人女性はスタイルとか気にしてるからなぁ なんてお茶をしながら考えていました。 

カフェ・ゴーラドサッド
URL: http://gorod-sad.com/ (ロシア語のみ)

 ロシアでもモスクワのような大都会ではお洒落に健康を考える時代になってきたのかもしれませんね。 /あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


にほんブログ村

にほんブログ村 

観劇前にゆったり!エクレアがおすすめのカフェ・デル・パルコ💛 

メトロ「チアトラーリナヤ(劇場)駅」の周りには、その名前の通り、ボリショイをはじめ、オペレッタ劇場、音楽劇場、マールィ(ドラマ)劇場、青年劇場と多くの劇場が集まっています。 どこの劇場も開演は19時。 一緒に行くお友達と待ち合わせをしたり、ちょっと小腹を満たしたりに便利なカフェ「DEL PARCO」を今日はご紹介します。

Russia_Moscow_Eclair_exterior.jpg

このカフェは市内に3店舗ありますが、今回ご紹介する場所は、緑の線のメトロ「チアトラーリナヤ」と赤い線の「アホートノイリャッド」の共通の出口の目の前の店舗。まさに待ち合わせに便利。夜も23時までやっているので、劇場がはねた後にお茶することも出来ます。
お店のお薦めは、エクレアとコーヒーのセット 350ルーブル(約700円 価格は2018年8月現在)。 好きなコーヒーを選ぶことが出来ます。 レジがあるカウンターで注文してお金を払うセルフサービス形式。 カウンターには英語のメニューもありますよ。

Russia_Moscow_Eclair_menu.jpg

エクレアは常に4-5種類ありますが、この日はピスタチオとメダビック(蜂蜜)を選びました。 このピスタチオのエクレア(緑の方)には中に木苺のジャムが入っていて、軽い酸味とさわやかな甘さで目茶美味しかったです。
Russia_Moscow_Eclair.jpg

飲物は、ミルク入りアメリカーノとカプチーノを注文。 カプチーノにはハート、かわいい~。
Russia_Moscow_Eclair_coffee_heart.jpg

内装は茶色ベースで落ち着いた雰囲気。
Russia_Moscow_del parco_interior

facebook:
カフェ・デル・パルコ

 観劇前にゆったりとした時間をお過ごし下さいね/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター



にほんブログ村

にほんブログ村 


モスクワに美味しいラーメン屋さん発見! 

モスクワの観光名所の一つである旧アルバート通りの近くに美味しいラーメン屋さんがオープンしました! 今まで、モスクワには美味しいラーメン専門店がなかったのでこれはニュースなのです。
ノボシビルスクのレストラン王といわれるデニス・イワノフのレストランのひとつ。実は彼の奥様は日本人なのです。だからモスクワに開けたレストランは日本のラーメンなのかな? 場所はゴールデンリングホテルの真向かいにあるアジムットホテルの一階。 旧アルバート通りの入り口から歩いて5分ととても便利な場所にあります。
外観1

外観2

お店はガラス張りなので外からすぐに分かります。

店内はオープンキッチンタイプで明るい感じ。
店内1

店内2

客層は様々。 日本人も多いですが、ロシア人の若者グループも多く、店内はいつもにぎわってます。 日本人率が高いだけあって、日本語のメニューもあります。
Russia_Moscow_Ramen_Menu2.jpg

一方、ラーメンを良く分かってないロシア人向けの絵付きのロシア語の説明書も各テーブルにおいてあり、気配りは行き届いてます。
ラーメン説明ロシア人用1

ラーメンだけでなく、餃子や枝豆などなど居酒屋っぽいおつまみメニューも置いてあり、ビールとおつまみで一杯やってからラーメンという超日本人的な楽しみ方も出来ますよ。
今日は、オーソドックスに味噌ラーメン(640ルーブル 約1280円)と塩ラーメン(580ルーブル 約1160円)を頼んでみました。
塩ラーメン

味噌ラーメン

下が味噌ラーメン、上が塩ラーメンです。
*価格は2018年6月現在
ラーメンの種類によって麺の太さを変えてる拘りよう。 他に、鳥白湯ラーメンやとんこつも人気らしいです。
「ラーメンに1000円以上か」と日本ならちょっと高いなと感じるかもしれませんが、なんと言ってもここはモスクワ。 この価格で美味しいラーメンが食べられるなら超満足です。
願わくはこの味のクオリティーをずっとキープして欲しいです。
他にも自家製レモネード2種類(各280ルーブル 約560円)と鳥のから揚げも頼んでみました。 美味しかった!
自家製レモネード

昼間は暑くても夜に日が落ちると途端に涼しくなるモスクワ。 実はラーメン向きな街かも/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター



にほんブログ村

にほんブログ村 

+++++
KU: ラーメン居酒屋バー
http://denisivanov.ru/concepts/ku-ramen-izakaya-bar/
Moscow, Ul. Smolenskaya 8
Tel. +7 (499) 652-51-91
営業時間: 日曜日‐木曜日 12:00–24:00
      金曜日‐土曜日 12:00–02:00
+++++

本場のピロシキ、食べに行こ~💛 

今日はチャイコフスキーコンサートホール近い美味しいロシアのピローク(ロシア風パイ)のお店「NIKOLAI」をご紹介します。
外観1
お店の外観はこんな感じ↑↓
外観2

ロシアではパイのことをピロークと言います。そういえば、日本ではピロシキをロシア名物の一つとして思い浮かべますが、これはピロークという言葉が複数形に変化したものなんです。日本でピロシキというと、お肉が入った揚げたパンが一般的ですが、本当のロシアのピロシキはパイのように焼いたもので中味は様々。おにぎりのように家庭により中味が違います。お肉やお魚が入ったおかずピロシキから果物のジャムが入ったおやつピロシキまでいろいろ。 NIKOLAIではいろんな味を楽しむことが出来ます。入り口はこんな感じ。
00入り口

バイクが置いてあってモダンな雰囲気です。中に入るとピアノもあります。私が行った時にはピアノの上にこのお店の看板飼い猫ちゃんがちょこんと乗ってお出迎えしてくれました。
店内は落ち着いた色調でゆっくり寛げる雰囲気。
店内1

店内2

食べる物を選んでお会計をして席で待つシステムです。 カウンターの上には美味しいそうなピロークが並んでいました。
ピラギー

ピローク以外にも日替わりメニューでロシア料理が楽しめます。
メニュー

カウンターの上においてあるメニューは表がロシア語、裏が英語になってますよ。
私は、ポットの紅茶(160ルーブル 約320円)、サーモン・ほうれん草のパイ(200ルーブル 約400円)、チーズ・ほうれん草のパイ(140ルーブル 約280円)とさくらんぼのパイ(160ルーブル 約320円)を頼んでお友達とシェアしました。 (価格は2018年5月現在)

サーモン・ほうれん草のパイが目茶美味しかった! 
サーモンとほうれん草1

さくらんぼのパイも中身があふれるほどたっぷり
チェリー

この辺、ロシアは太っ腹なんですよね~
ほど良い酸味と甘さがマッチして本当に美味しい~。
しかし、このお店の特徴は美味しい料理だけではないです。 トイレがとてもユニーク。
すごく広くて中にバスタブがあるのです。
トイレ

 誰も風呂には入らないとは思いますが
日本人的には広々とした清潔なトイレは好印象ですよね。
朝8時から夜中12時まで営業しているのでコンサートの前の待ち合わせや、終演後に軽食を取ることも出来ます。テイクアウトも出来るので、家やお泊まりのホテルに持ち帰って食べるのもいいかもです。
ロシアのパイ、是非お試し下さい!

【NIKOLAI】
http://en.bar-bufet.ru/#shop

(英語/ロシア語)

モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配は北欧トラベルにお任せください。


にほんブログ村


にほんブログ村

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ