ペテルブルグのユニークカフェ/ラーメン屋さんとソビエトカフェ 

今日はペテルブルグのカフェを2つご紹介します。
一つ目は5月前にオープンして街で話題になっている日本のラーメン屋さん「Ярумэн(ヤルメン) 麵屋政宗」。

IMG_1842.jpg

どうせなんちゃってラーメンかなとあまり期待しなかったのですが、なんと本物の日本のラーメンでした。現地駐在の日本人の間でも人気で、ランチも夜もここに来る人もいるくらい。
写真をご覧下さい。 全く日本のラーメンでしょう。
IMG_1847.jpg

私が食べた味たまラーメンは400ルーブル。 味付け卵が滅茶美味しかったです。
厨房には日本人の方がいました。 やっぱりねぇ~。 日本人がちゃんと管理しないとこの味は守れないと思うのです。 お水が無料でついてくるのもうれしいサービス。

メニューはかなり豊富で、ラーメン以外にも丼ものもあります。
お好みでメンマやチャーシューを50ルーブルで追加することが出来ます。
ロシア的なものに挑戦しようと思ったのか、スメタナ(ロシアのサワークリーム)ラーメンがあったのは驚き。 人気なんだろうか? 怖くて私は試せませんでした

営業時間は12時から23時。 ペテルブルグで日本が恋しくなったら是非行ってみて下さい!

facebook

https://www.facebook.com/Ярумэн-麵屋政宗-799358613466876/



ホームページ

http://www.yarumen.com/




もう一つは、コテコテロシアのカフェ「ソビエト・カフェ・クヴァルチーラ(Soviet cafe Kvartira)」。
http://vk.com/pososedski
最近、ペテルブルグに行くと必ずここで食事をするかなりお気に入りのカフェ。
ペテルブルグ市内で何軒かあるみたいですが、私がいつも行くのはメトロ「マヤコフスカヤ」が最寄り駅、ネフスキー通り沿いでラディソンホテルの横にあるお店。
IMG_1815.jpg

近くにホテルも多く、ネフスキー通り沿いにあるにも関わらず、店内はロシア人だらけ。
店内はソ連というよりロシアの一般のアパート風の内装。だからアパートという意味のロシア語クヴァルチーラという名前がついているのかも。
IMG_1818.jpg

でも、なんでソ連カフェなんだろう?と思ってロシア人の知り合いに聞いてみたら、このカフェのメニューは高級ロシア料理でなく、ソ連時代から一般の人たちが食べていた料理ばかりなんだそうです。 例えば、ペリメニとかいつもロシア人がお正月に食べるオリビエサラダとか、普通家庭でしか食べないキャベツに包まれないロールキャベツとか、ロシア人的にはほっと安心する料理
ばかり。 しかも、どの料理もお値段はリーズナブル。

でも、このお店になぜ私が通うかというと理由はこれです。
じゃーん、サバのグリル。 塩焼きです。
IMG_1821.jpg

立派なお頭つきのサバのグリル。ロシアではなかなか食べることが出来ないのです。 注文してから時間が30分くらいかかるのですが、上手にグリルされていて、食べる価値あり!
お値段はこの大きさで370ルーブル!(2015年11月現在)
白いご飯が欲しくなる美味しさです。 ペテルブルグのお越しの際は是非お試し下さい。
営業時間は12時から13時。 英語メニューありです。

06_20141114122438b10.gif
誰もが知っている観光地、サンクトペテルブルグ。でも、そこに本格ラーメンのお店やソビエトの雰囲気漂うカフェがあることはあまり知られていません。新しいもの好きの皆さん、ぜひ遊びに来てください。 モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配は北欧トラベルにお任せください!

ペテルブルグのお薦めアジアごはん/韓国料理「MIGA」 

ペテルブルグでアジアご飯が恋しくなったら
長く旅に出ているとアジアっぽいご飯が恋しくなったりしますよね。モスクワなら最近丸亀製麺も街中に何軒もあるし、他にも手ごろな日本食のお店がありますが、ペテルには美味しくて手ごろな日本食や中華のお店が殆どないので、どこに行こうか困ることしばしば。
今日は私がペテルブルグに行くと必ず立ち寄る美味しい韓国料理のお店「MIGA」をご紹介します。 マリンスキー劇場の裏手にあるので、劇場の前や後に食事を取るとにとても便利。 
外観
中は全くしゃれっ気のない大衆食堂みたいです。
店内

 でも、壁を見てください。 ハングルだけで書いてあるメニューがたくさん。(写真) いつも韓国人のお客さんでにぎわっています。 ちょっと写真がぶれてしまいましたが、日本人に人気のメニューらしく、ハングルと日本語でジャジャンメン(写真から見るにジャージャー麺かな)と書いてある写真もありました。
日本語あり

韓国料理なので、料理を頼むと5-6皿のナムルとかキムチの小皿がセットでついてきますよ。
ビビンバもチャプチェも麺類も全て美味しいですが、私のお薦めはこちら、シーフードパジョン(韓国お好み焼き チヂミ)です。
パジョン

 シーフードが沢山入っていてモチモチしていて本当に美味しいです。 一皿一皿の量が多いので、2-3人でシェアするのがお薦めです。 勿論、一人でビビンバや麺類等だけ食べるのもありです。一人平均800-1200ルーブルで、お腹一杯になります。
お店の詳細は下記です。
MIGA(ミガ)
住所 Lermontovskiy prospect 6
TEL:+7 812 714 4062
営業時間  11時~23時

【地図】


気分はロマノフ王朝、でもお腹はアジアごはん。そんな時はぜひどうぞ!!/あーしゃ/モスクウ在住フリーライター

06_20141114122438b10.gifロシア料理の合間にお馴染みのアジアごはん。 モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!

ペテルブルグのお勧めカフェ/シロクマが目印!カフェ・セーヴェル 

セーヴェルは、ペテルブルグの老舗のお菓子屋さん
24.gif


ペテルブルグにはとても美味しい老舗のお菓子屋さんがあるのをご存知ですか?
ペテルブルグっ子だけでなくモスクワっ子の間でも有名な「セーヴェル」です。
外観1

なんと1903年創業。 帝政ロシア時代からあるお菓子屋さんです。
ペテルブルグ市内に何件も支店がありますが、一番有名なのはネフスキー通り沿いのお店。
ガスチンヌイ・ドゥボールのネフスキー通りを挟んだ向かい側にあります。

さすが外国人旅行者が多いペテルブルグ、セーヴェルのドアにも英語併記で営業時間等の情報が書いてありました。
情報

そして、英語メニューあり、Wi-Fiフリーと旅行者にうれしいサービスですね。
店内では甘いものの他に軽い食事もとることが出来ます。
店内1
入口近くのカウンターはテイクアウト用。
テイクアウト用1

奥にはイートイン用のカウンターがあります。
どちらも美味しそうなデザートが並んでいます。
店内用1
ケーキ以外にもクッキー等の焼き菓子もとても美味しいのでお土産にもおすすめ。
実は、私、あーしゃもペテルブルグに来たら必ず寄ってお土産を買う行きつけのお店。

今回は、お土産も買いましたが、歩き疲れたのでここでお茶休憩しました。
疲れた時には甘いものが美味しい~。
イートインコーナーもセフルサービスシステムです。
ケーキと飲み物を注文、レジでお会計、買った物を貰って席につきます。
頼んだのはこちら。
DSCN8789.jpg

え、頼みすぎ? いえいえ、美味しいのでペロリですよ。
上左から、アメリカンコーヒー(109ルーブル)、フルーツの籠(169ルーブル)。
下左から、ナッツの籠(169ルーブル)、フルーツゼリー(189ルーブル)です。
*価格は2014年6月現在
籠という名前がついていますが、タルト生地で作った入れ物の中にフルーツやナッツが入っているお菓子です。 これ滅茶、美味しいです。

コーヒーについていたお砂糖にもお店の名前と白熊の絵が書いてありました。
お砂糖

カウンターにいるおばちゃんには英語は通じなさそうですが、デザート類は全てショーケースに並んでいるので欲しいものを指させば大丈夫です。

セーヴェル(Кафе Север)
住所:пр. Невский, 44, Санкт-Петербург
電話: +7 (812) 571 2589

<地図>


歩き疲れたら、甘いもので一息。 夏は日がとても長いペテルブルグ、歩き疲れたら休憩しながら観光をお楽しみ下さいね/あーしゃ/モスクウ在住フリーライター


02.gif
ロシアのスイーツ、あまり馴染みがないかもしれませんが、ティータイム好きのロシアの人たちに愛されているお菓子、ぜひ皆さんも味わってくださいね。モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!

プーシキン市のお勧めレストラン/クリミアン・タタール料理の「ヤルタ」 

レストラン「ヤルタ」でクリミアン・タタール料理を!
24_20120131130933.gif

「ヤルタ」というのは、旧ロシア(ソ連)領で、現在はウクライナの都市の名前です。黒海沿岸で最も人気のある
リゾート地です。その「ヤルタ」をイメージして作られたレストランが、プーシキン市にあります。
ヤルタのイメージに使われる白亜のお城「ツバメの巣」を髣髴とさせる、かわいらしい外観。ロシア語で「ヤルタ」と書いてあります。

外観

中に一歩入ると、まず目に飛び込んでい来るのは、クリミアのグッズを販売している華やかなホール。

クリミアのグッズがたくさん!
クリミアのグッズがたくさん !

クリミア風のインテリアは、タタール(エキゾチックなイスラム)と古き良きロシアとウクライナがMIXされています。見ているだけで楽しい香辛料の数々、クリミア産の紅茶やジャム、食器や民芸品にわくわく。

様々な香辛料
様々な香辛料

紅茶やジャム
紅茶やジャム

フロアは広く、120人くらいはOKだとか。ゆったりとしたフロアには、柔らかいソファーと椅子が配置されていて、内部もクリミアの気候をイメージしてか、明るく作られています。

ゆったりしたフロア
ゆったりしたフロア

メニューにざっと目を通すと、ロシア料理とウクライナ料理と中央アジアの代表的な料理が並んでいます。
ロシアでよく知られるボルシチですが、ヤルタで頂いたのはウクライナ風ボルシチ。赤かぶの鮮やかなスープですが、コクがあり、何とも美味。
ボルシチ
ボルシチ

もうひとつのスープの名前はクリミア風「シュルパ」。牛か羊のブリヨンのポトフと言った感じで、体にやさしい味です。

シュルパ
シュルパ

すすめられたのが、クレープのようなレピョ-シュカ。ナンの一種のようでですが、中に、キンザという香草(コリアンダー)を混ぜたチーズが挟んであり、そのおいしさに、思わず、もう一切れと手が伸びます。
レピョーシカ
レピョーシカ

ヒンカリというのは、餃子の仲間です。小さな肉まんのような巾着型にナイフを入れると、中からは肉汁が溢れてきます。

ヒンカリ
ヒンカリ

そして、サーモンのグリル。
サーモンのグリル
サーモンのグリル

・・・・・・満足。

トイレは2つ。入り口の目移りしそうなお土産コーナーの奥に2つの個室がありました。
レストラン「ヤルタ」の 料理 は「クリミア ン・タタール 」と言われるそうです。それ は中央 アジア 、ロシア 、ウクライナの伝統の味の組合せだとか。クリミアは、北の国のロシア人にとっての憧れの保養地なので、その楽しい思い出をもう一度ここでも味わって欲しいと思って作られたそうです。
サンクト・ペテルブルグの空港からもエカテリーナ宮殿からも近いところにあります。初めてでも入りやすい構えのレストランです。ここは、プーシキン市とパブロフク市の境にある木作りのレストラン「ポドヴォリエ」と兄弟の仲だとか。


レストラン「ヤルタ(Ялта)」

住所:Санкт-Петербург, г. Пушкин,
ул. Павильон Урицкого, д.1
電話:+7 (812) 466-28-98
ファックス:+7(812)465-01-25
e-mail: yalta@gutsait.ru
www.yalta.gutsait.ru

<地図>

大きな地図で見る

 

エカテリーナ宮殿に行ったら、立ち寄ってみてください。クリミアン・タタール料理、美味しいです/ペテルブルグっ子/サンクトペテルブルグオフィス


01.gif
モスクワ・サンクトペテルブルグへの個人旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください


ペテルブルグのお勧めレストラン/「貴族の巣」で贅沢な時間を! 

貴族の家のようなレストラン
「貴族の巣」で至福の時を

08_20101227160759.gif

残念ながら、2011年8月15日をもって、閉店となりました


モスクワに帰る日のランチはペテルブルグの有名レストラン「貴族の巣」でいただきました。
「貴族の巣」外観
レストラン「貴族の巣」

こじんまりしたレストランですが、 中は本当の貴族の家のようです。
フロアは男性の間(写真)と女性の間(写真)と中二階に分かれています。

Mens room1
男性の間

女性の間
女性の間


私は、何故か男性の間に通されました。
男性の肖像画が飾ってあるから男性の間と言い、女性の間は女性の肖像画があるからというだけだそうなので、気にすることはないみたいですが(笑)。


テーブルセッティングもこんなにおしゃれ。 (笑) 

お洒落なテーブルセッティング
お洒落なテーブルセッティング

貴族はロシア語でдворянин(ドバリャニーン)。 そのイニシャルの「D」がナプキンに刺繍されています。

お食事はセットメニューを頂きました。
パンは白パンと黒パン、好きな方を選べます。私は黒パンを選びました。
一緒に3種類のバターが出てきました。
オレンジ色がトマト味で、 黄色がレモン、 緑が入っているのはニンニク味です。
コロコロしていて、カラフルでかわいいですよね。

パンとバター
パンとバター


最初に出てきたのは、季節の野菜サラダ。

野菜サラダ
盛り付けも素敵な野菜サラダ

お野菜が新鮮で、ドレッシングがさっぱりしていてとても美味しかったです。
メインはポークチョップでした。

ポークチョップ
ポークチョップ

お店のオリジナルという生クリームと白ワインのソースが絶品。
付け合わせはジャガイモのソテー。 豚肉なのに絶妙の焼き加減でお肉がとてもやわらかーい。  
ジャガイモのソテーも美味。 こんな上品なポークチョップは初めてかも。 
デザートは、 ベリーのロシア風ケーキ。 コーヒーか紅茶がお好みで選べます。
デザート
デザートもロマンチック

ケーキの盛り付けが素敵でしょ? 味も上品でまさに貴族のデザートという雰囲気。
テーブルの上にはロウソクの炎がゆらめき、 なんだかまるで本当に貴族になった気分です。
ゆったりとお食事を楽しみ、とても贅沢な時間を過ごせました。

恒例のトイレチェック。
トイレは貴族風でなく普通でした。

化粧室
化粧室

ロマノフ王朝の栄華を極めた都ペテルブルグ、 そんなペテルブルグにぴったりなレストランです。
「貴族の巣」でちょっと贅沢な時間を過ごしてみませんか?

住所:Улица Декабристов Д.21
電話:(812)312-09-11
HP(英語):

http://www.dvgnezdo.ru/ru/restaurant.htm




 

貴族の気分で優雅にお食事/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター



01.gifサンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!ネットトラベルサービスお勧めの現地発着ツアーで、芸術の都を、予算にあわせて楽しみましょう!お勧めスタンダードパッケージはこちら!「貴族の巣」でのお食事が含まれたデラックスプランはこちら!です

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ