リトアニア/キビナイ食堂で伝統料理キビナイ作りに挑戦! 

首都のヴィリニュスから西に約28kmにトラカイというリゾート地があります。トラカイ城が中心となって栄えているトラカイは、30以上の湖や豊かな森に囲まれています。毎年、夏にはトラカイ城を訪れるツーリストや、湖で海水浴や日光浴をしたり、またはボートに乗って楽しむ地元客で賑わっています。
湖上のトラカイ城
湖上のトラカイ城

トラカイは、今でこそ有名なリゾート地ですが、1323年にヴィリニュスに遷都されるまで、リトアニアの首都が置かれていた歴史的に重要な場所でもあります。トラカイ城は現在、歴史博物館となっていて、数多くの古い展示品を目の当たりにすることができます。しかし、何よりも見どころとなっているのは、敵の攻撃に備えて建設されたその城の造りそのものです。
そんなトラカイに昔から伝わってきた伝統料理は「キビナイ」です。
さらに具体的にご説明すると、キビナイはトラカイに存在しているカライメ族の伝統料理なのです。カライメ族とは、ヴィタウタス大公の命令で、15世紀初めにクリミアから傭兵としてリトアニアに連行された人々の種族です。現在では少数民族となってしまいましたが、彼らの住居や礼拝堂キエネサが今でもトラカイに残っています。カライメ族の住居は独特な造りをしていて、側面部分が通りに面しています。この側面に造られた3つの窓は、それぞれヴィタウタス大公、神、家族のためにあるのです。
カライメ族の家
カライメ族の家

キビナイをわかりやすく説明すると、スパイシーなミートパイ。中に牛肉や羊肉がたっぷり入っています。見た目はさほど大きくないのですが、具が詰まっているので、1個でもかなりお腹にたまります。

トラカイのあちこちにキビナイ食堂があります。キビナイは他の町でも手に入らないことはないけれど、せっかくなら名産地で食べてみたいというもの。自分で作ったものなら、なおさらおいしい!ということで、今回、トラカイのキビナイ食堂でキビナイ作りに挑戦してみました。
生地を伸ばします
生地を伸ばします

具を詰めていきます
具を詰めていきます

小麦粉、バター、卵、サワークリーム、塩を混ぜて生地を作りますが、ポイントとなるのはサワークリームです。サワークリームを利用することになって、焼き上がりがふんわりとし、味もまろやかになります。生地を冷蔵庫で寝かせている間に、具を準備します。細かく切った肉(またはひき肉)、玉ねぎ、バター、塩、胡椒、冷水を一緒に混ぜていきます。

生地を麺棒で丸い適当な大きさ(顔の大きさぐらい)に伸ばし、香辛料のたっぷり効いた具をのせて、包み込むように端から閉じていきます。その際、コツとなるのは、パイ生地の端のヒダの部分。ここをきちんと閉じておかないと、後で開いて中身が出てきてしまいます。具は少なすぎると中に空洞ができてしまい、逆に多すぎると生地がうまくまとまりません。大さじ一杯分が適量と言ったとこでしょうか・・・。卵の黄身で表面をコーティングしたら、後はオーブンで焼くだけ。焼く前のキビナイは、まるで、特大餃子の様です。
できたてのキビナイ
できたてのキビナイ

もちろん、出来たてをその場で食べるのが一番おいしいのですが、持ち運びやすいし、食べやすいので、ピクニックのお供としてもぴったりです。

カライメ族の伝統料理、キビナイ・クッキングコースの手配はネットトラベルサービスにて承っていますので、お気軽にご相談下さい。

 

キビナイは作って楽しい、食べて美味しい、お勧めの伝統料理です/カタリーナ/タリン支店


01.gifカライメ族の伝統料理、キビナイ・クッキングコースの手配はネットトラベルサービスにて承っておりますので、お気軽にご相談下さい。スマイリー

リトアニアに行ったら、試してみよう/琥珀のワークショップ 

琥珀を使ったワークショップ
purple_sen_20100513113233.gif


琥珀の名産地リトアニアで、琥珀を使ったワークショップを体験してきました。リトアニア土産として琥珀のアクセサリーは今や定番ですが、今回はワークショップを通じて、プラスアルファの楽しみ方をご紹介します。
場所は、ビリニュス旧市街の「アンバーギャラリー」です。

アンバーギャラリー
アンバーギャラリー

琥珀とは、木の樹脂が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石のことで、太古から通貨の役割を果たし、また、人々を癒す力も持っていると考えられてきました。今日のリトアニアでは、琥珀は代表的な石で、最も価値のある宝石とされています。バルト海の琥珀は蜂蜜色が多いのですが、その他、乳白色や茶色系、赤系、緑がかったものや青みがったもの、黒や灰色など・・・、専門家によれば、その数は250種にものぼるといわれています。また、虫や泡が含まれているものは、さらに価値が上がります。

ワークショップでまだ加工されていない琥珀の原石を利用し、携帯電話のストラップを作ってみました。琥珀の原石には事前に穴が開けてあり、すぐ紐が通せる状態にしてありました。紐の部分はリトアニア製の麻を利用しています。

携帯ストラップの見本
携帯ストラップの見本

職人さんが丁寧に教えてくれます
職人さんが丁寧に教えてくれます

見本を真似てストラップを作ってもよし、または、自分で好きなデザインを考え作製しても良いでしょう。琥珀の色やサイズも様々用意されているので、ワークショップの際には、この中から好きなものを選ぶことができます。細かい石をつなぎ合わせて花の様な形にしたり、大きめの石を1つ選んでアクセントにしてみたり、アイデア次第で幾通りものパターンが考えられます。麻の紐も結び方次第で、いろんな工夫を凝らした物が出来上がります。数本の紐を重ねたり、ねじってみたり・・・。デザインが決まれば、あとの作業はいたって簡単です。ビーズでアクセサリーを作ったことのある方なら、ある程度は想像できるのではないかと思います。手早い方は、ほんの15分ぐらいで仕上げていたようです。

ワークショップ後、「アンバードリンク」が振舞われました。「アンバードリンク」とは、ウォッカに琥珀の原石を浸した自家製ドリンクで、琥珀の色がほんのりとウォッカに映え神秘さが感じられました。琥珀は自然のもので、体に優しいものなので、ウォッカドリンクも健康的なんだそうです…。ですが、ウォッカは結構アルコール度が高く(40度以上)、たくさん飲むと不健康になってしまうので、ほどほどに。この「アンバードリンク」の素はワークショップ会場で販売していました。(確か、一袋7ユーロぐらいだったと思います。)パッケージには作り方も書いてあります。ありきたりのお土産に飽きている方にはぴったりかもしれませんね。

健康的だといわれている、アンバードリンク
健康的だといわれている、アンバードリンク

琥珀のオリジナル携帯ストラップを、お守り代わりにぜひいかがでしょう?なんだか持っているだけで幸せが舞い込むような気がするのは、私だけでしょうか?


いずれのツアーも所要時間は約2時間で、1名から手配可能ですが、スペースが限られているため、最高10名までとなります。事前予約が必要ですので、料金などの詳細もネットトラベルサービスにお問い合わ せください。

 

パワーストーンとしても注目の集まる琥珀で、なんだか幸な気分になりました/カタリーナ/タリンオフィス


01.gif首都ビリニュスの旧市街散策の後、琥珀に触れてみて、エネルギー充電してみてはいかがでしょう?リトアニアへの個人旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください!スマイリー

リトアニアのお勧め/ビリニュスで民族衣装を着てみよう! 

リトアニアの民族衣装を着てみましょう!
dot_20100512153758.gif

リトアニアの民族衣装はとても華やか。大勢が集まって民族舞踊を披露するときは、いっそう見栄えがします。現在では、日常的に民族衣装を着ることもなくなり、お祭りなど、イベント時に見かける程度になりました。

ヴィリニュスには、民族衣装を着て、記念撮影ができる場所があります。早く着たい気持ちがはやるかもしれませんが、まず、その前にリトアニアの民族衣装にまつわるお話や、伝統的な衣装の作り方など、興味深いお話を聞くことができます。民族衣装は色や模様が意味を持っている場合が多く、また、装飾品を身につけること自体に意味がある場合もあります。そんな、お話に耳を傾けながら、民族衣装を身にまとい、リトアニア文化に触れることで、きっと神秘的な何かを感じられることでしょう。

リトアニアの民族衣装
リトアニアの民族衣装

リトアニアの首都ヴィリニュスでは、通常の旧市街観光に加え、こんなツアーがお勧めです。
民族衣装を着て記念撮影+リネンワークショップ
民族衣装を着て記念撮影+愛のお菓子「サコティス」試食

リネンワークショップでは、どんなことをするのでしょう?
リトアニアのリネン製品は、日本でもここ最近かなり注目され、店舗やインターネット上などで幅広く販売されるようになりました。

リネンワークショップでは、まず、リネンの歴史についてのお話を聞いたり、原料から生地になるまでのプロセスを見学するなど、リネンについて知識を高めることができます。その後、実際に機織機を利用したリネン・ワークショップの体験がお試しいただけます。ワークショップ後、最近サプリメントとしてもよく利用されているフラックス・シード(亜麻の実)と、フラックス・オイル(亜麻仁油)の試食もお楽しみいただけます。リネンの本場の国、リトアニアでリネン・ワークショップに挑戦してみてはいかがですか?

子供達もワークショップに挑戦!
子供達もワークショップに挑戦!

リトアニアのリネン製品はおしゃれでしっかりもの
リトアニアのリネン製品はおしゃれでしっかりもの

さて、では「愛のお菓子サコティス」とは?
リトアニアの愛のお菓子として有名な「サコティス」。その歴史は16世紀にまで遡ることができます。あるとき、バルボラ女王はトラカイ城でのパーティーのために、大勢のお菓子職人にデザートを作らせました。そして、さまざまなお菓子の中で、このサコティスが女王に最も気に入られることとなり、ほうびとして、サコティス職人は指輪をもらいました。職人はこの指輪を愛する女性に贈り、その後、二人は幸せになりました。これ以来、サコティスは結婚式に欠かせないお菓子となったのです。
サコティスは「リトアニアのバームクーヘン」とよく言われますが、実際のバームクーヘンよりも少し固めで、サクサクしているので、まるでクッキーのような食感です。リトアニア語で「枝」を意味するサコティスは、見た目は、まるでモミの木のようで、中は空洞になっています。中には、チョコレートでコーティングしたものや、粉糖でできた花をあしらえたものもあります。日本では、大分県にリトアニア人の経営するサコティスのお店があり、その他、一部の百貨店でも販売されています。

愛のお菓子「サコティス」
愛のお菓子「サコティス」

いずれのツアーも所要時間は約2時間で、1名から手配可能ですが、スペースが限られているため、最高10名までとなります。事前予約が必要ですので、料金などの詳細もネットトラベルサービスにお問い合わ せください。

 

民族衣装を着て、リトアニアを肌で感じた/カタリーナ/タリンオフィス


01.gifリトアニアは、首都ビリニュスの旧市街散策もお勧めですが、プラスアルファのアレンジで、よりリトアニアを身近に感じることができます。リトアニアへの個人旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください!スマイリー

リトアニアの砂丘に行ってみませんか?(後編) 

ネリンガ地方は小さな町にも魅力がたくさん!
heart_line.gif
ネリンガ地方には小さな町や村が点在していますが、中でも有名なのが、ロシアのカリーニングラードの国境近くにある、ニダという町です。青と茶色のかわいらしい建物はまるでお菓子の家のようです。建物ごとに微妙に異なるお庭のデザインはオリジナリティーが出ていて、ついどれも写真に収めたくなりました。干してある洗濯物すら、まるで庭のデコレーションの一部のようです。風見もこの町特有のもので、あちこちに同じデザインのものがありました。
洗濯物も、庭のデコレーションのよう
洗濯物も、庭のデコレーションのよう
風見もこの町特有のユニークなデザイン
風見もこの町特有のユニークなデザイン

ネリンガ地方の名産といえば琥珀ですが、ニダの町には琥珀の博物館もあります。館内の展示品を見ることはもちろん、お土産として買っていくこともできます。

琥珀博物館
琥珀博物館

リトアニア国旗を彩った三色の建物
ニダで見つけた「リトアニア国旗を彩った三色の建物」

また、ネリンガ地方の料理といえば、なんといっても魚料理!地元で取れたカレイのフライやスズキに似た白身魚などは特に美味です。ネリンガ滞在中、肉料理はお休みして、色々な魚料理を堪能しました。
なんといってもお勧めは魚料理
いろいろな魚料理を試してみて!

 なんといってもお勧めは魚料理

 いろいろな魚料理を試してみて!

ネリンガ地方の「足」はなんといっても自転車です。町中の移動の手段はもちろんのこと、家族連れやカップルでサイクリングを楽しむ人たちもたくさんいます。今回の滞在中の大きなミッションは、「自転車でネリンガを駆け抜ける」ことでした。ニダの町を出発し、隣町のヨードクランテまで片道31km、往復で62km、見事に完走。この後の3日間の足腰の重さは完走を成し遂げた充実感の証です。
map2

ニダ出発後、しばらくラグーン・ヴューを満喫しながらのサイクリングです。小さな村をいくつか通りすぎました。途中、森の中を走りぬけ、そのあと今度は海岸沿いを走ります。

ヨードクランテと「魔女の丘」
heart_line.gif

ヨードクランテまで、あと9kmというところで、小雨がぱらついてきました。ゆるやかではありますが、きもち坂道も増えてきたような…。おなかも減ってきたころ、やっとヨードクランテに着きました。ニダよりももっと小さく、かわいい町です。魚屋さんの入り口のところには、おちゃめな魚の形をした看板がぶらさがっていました。
魚の看板がおちゃめ
看板がおちゃめなヨードクランテの魚屋さん

ヨードクランテを出る前に一箇所、寄り道。「魔女の丘」と呼ばれる、木造彫刻の丘公園を歩いてきました。明るいときだったので、怖くありませんでしたが、真夜中に肝試しなんてしたら、ほんとうに怖そうです…。
魔女の丘1

魔女の丘公園

魔女の丘2
昼間の魔女の丘公園はのどかな雰囲気

サイクリングも後半に入りました。天気も回復して、心地よい風も吹いています。途中、ビーチで一休みしてから、また森の中を走りました。終点のニダまであと10kmというところで、あまりにも疲れを感じ、途中の村で一休みすることに。とりあえずどこかで落ち着こうと、ふらっと入ったカフェの思わぬ眺めにびっくり。まさにラグーン・ヴューでお茶ができるというラッキーさでした。
ラグーン・ヴューのカフェ
ラグーン・ヴューのカフェ

バルト地方ではコウノトリにでくわす機会も多く、ネリンガ滞在中にもなんと町中に出現しました。おなかが減っているのか、少し気の荒いコウノトリでした。


今回、偶然夏至祭の最中だったのでどこも込みあっていました。特に夏のシーズン中はホテルもなかなか取れない状況です。

リトアニア・ラトビア・エストニアへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります

レポート by カタリーナ /タリン




リトアニアの砂丘に行ってみませんか?(前編) 

今回は、タリンからのお便りですが、日本ではあまり知られていない「リトアニアの砂丘」についてのお話です。鳥取砂丘がパワースポットとして人気を集めていますが、リトアニアの砂丘も、意外な元気スポットかもしれません。
heart_line.gif
北のサハラ・クルシュ砂州
今年の夏至の休日、タリン・オフィスのカタリーナはリトアニアまで足を伸ばし、砂丘に登ってきました。
ドイツの作家トーマス・マンが「北のサハラ」と名づけたクルシュ砂州は美しい砂丘もあり、現在では世界遺産(自然遺産2000年登録)となっています。また、リトアニアではリゾート地としても有名なところでもあります。トーマス・マンはこの地で2年間を過ごし、その間、この大自然からインスピレーションを受けました。リトアニア人だけでなく、他のバルトの来訪者や、また、この辺りは旧ドイツ領であったことから、毎年ドイツ人観光客も多く訪れます。
砂丘1
map1

地図でもわかるように、リトアニアの西端からロシアのカリニングラードに向けて南西に細長く伸びている部分がクルシュ砂州で、通称ネリンガ地方と呼ばれています。この「ネリンガ」の名称は、リトアニアの民間伝承に出てくる巨人の女性に由来します。96kmの砂州の半分はリトアニア領で、もう半分はカリニングラード領です。ネリンガ地方の一方はラグーン(湾が砂州によって外海から隔てられ湖沼化した地形)に面していて、遠くにはリトアニア本土が見えます。そして、もう一方はバルト海に面していて、きれいな海岸がずっと続いています。
クライペーダ
クライペーダ

ネリンガ地方へはリトアニア本土のクライペーダという町から船で渡って行くことができます。クライペーダはリトアニアで3番目に大きな港町で、岩手県の久慈市と姉妹都市(1989年提携)でもあります。また、この町ではイルカショーが有名だとの情報につい誘われ、ネリンガ地方へ向かう前に、寄り道して見に行くことに。イルカショーの行われる海洋博物館までは豆汽車を利用しました。45分間のショーの中で、イルカやトドが様々な芸を披露して楽しませてくれました。これを見る為に多くの観客が集まり、さらに週末ということもあって、会場は満席でした。中には立ち見の人も。
イルカショー
イルカショー

後編では、ネリンガ地方の魅力をさらに詳しくご案内いたします。

リトアニア・ラトビア・エストニアへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります

レポート by カタリーナ /タリン


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ