ロシア、入国制限! 

プリヴェット!

今日は緊急のお知らせです。
2020年3月16日に、ロシア政府は18日より5月1日まで外国人(全ての国籍が対象)の入国を一時的に制限すると発表しました。
また、感染者が急増した場合は、もっと厳しい、自宅待機、レストラン・カフェの休業、メトロ閉鎖等の措置を早ければ3月20日から行うとの話も出ており、感染者数が他のヨーロッパ諸国に比べ少ないにも関わらず、ロシア政府は慎重かつ厳重に対応しています。
空港等の水際での対応も慎重です。フランス・イタリア等のフライトはシェレメチェヴォ空港Fターミナルに集約。(他の街へは全てモスクワでのトランジット)
JALが発着するドモジェドボ空港は職員も完全防菌で対応です。
Russia_Moscow_coronawirus_domodedovo1.jpg

Russia_Moscow_coronawirus_domodedovo2.jpg

一般市民の生活は、今のところいつも通り。街なかでマスクをしている人もほとんどいません。
Russia_Moscow_coronawirus_people.jpg

もっと厳しい措置にそなえ、スーパーで食料品を買いだめする人が増えており、品薄になっています。 ロシア人はトイレットペーパーより買いだめするのは肉みたいです。
Russia_Moscow_coronawirus_supermarket.jpg

また、モスクワ市長のサビャーニンが、3月17日から4月10日まで50人以上の集会は禁止すると発表しました。
劇場、映画館、レクチャーなど人が集まる催しが全て中止となります。

劇場関係のチケットの払い戻しはそれぞれの劇場のチケットオフィスにお問い合わせください。

ボリショイ劇場と音楽劇場のサイトをチェックしたところ、両劇場とも「チケット払い戻しの方法については後日サイトでお知らせします」と記載ありました。
チケットをお持ちの方はまめにサイトをチェックして下さいね。

状況は刻々と変わりますので、もし、ロシア国内にいて何か問題があれば、すぐに下記
在ロシア日本国大使館領事部にお問い合わせください。

【ロシア国内における問い合わせ先】
在ロシア日本国大使館領事部
電 話:(495)229-2520
FAX:(495)229-2598
メール:ryojijp@mw.mofa.go.jp
HP: http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/index.html

あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


にほんブログ村


にほんブログ村

モスクワ最新トイレ事情! 

プリヴェット!

今日はモスクワのトイレ事情のお話です。
昔のモスクワは、今ほどショッピングセンターやカフェも多くなく、ホテルのトイレを利用するのが通常でした。 
今はショッピングセンターもカフェも沢山あるし、困らなくなったなぁと思っていたのですが、最近事情が少し変わってきました。 
ショッピングセンターのトイレは有料化が進み、カフェのトイレはお客さんしか入れないシステムに変わってきました。 おそらく、誰でも入れるとトイレだけ利用する人が多いとか、汚くなるとかいろいろと事情はあるのでしょうが。 ちょっと旅行者には不便なシステムですよね。 

お客さんしか入れないトイレはこんな風にピンコード入力する画面が設置されています。
Russia_Moscow_cafe _toilet1
    
レシートに書かれたコードはこれ。
Russia_Moscow_cafe _toilet2

画面にさわるとこんな画面になるので、コードを入力すると鍵があくシステムです。
Russia_Moscow_cafe _toilet3

カフェによってはレシートにコードでなくQRコードが印刷されていることがあり、その場合は、画面にQRコードをつけると鍵があきます。
レシートを貰わないとトイレに入れないのでお会計の際は忘れずレシート貰ってくださいね。
セルフサービスじゃないカフェの場合は、店員さんにコードを聞くと教えてくれます。

スターバックスもどんどんこのシステムに変わっています。
ショッピングセンターの有料トイレの場合は、入り口におばちゃんが座っていることが多いのでそこでお金を払って入ります。 大体どこも50ルーブルくらいです。
あ、ツム(ボリショイ劇場の横にある高級デパート)はたしかロンドンのハロッズなみに高かったですが。

マクドナルドやKFC等のファーストフードは今でも無料でトイレを利用できます。
掃除のおばちゃんが定期的に掃除しているのでいつも清潔です。 私的にはマックのトイレの方がKFCよりお勧め。

最近、モスクワの地下鉄にも有料トイレが設置され始めました。
今まで地下鉄の駅にはトイレがなかったのです。 びっくりですよね。
トロイカカード(日本のSuicaみたいなカード)で利用できます。
詳細はこちらのウェブサイトをご覧下さい。

<余談>
これはラディソンロイヤルホテルのロビーのトイレ

Russia_Moscow_cafe _radisson royal

金ぴかです。 このトイレはモスクワで一番豪華なトイレだと思う/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


にほんブログ村


にほんブログ村

ロシアの禁煙法、ご存知ですか??? 

2014年6月1日からロシアはレストランやカフェでの喫煙が全面的に禁止になりました。

中華料理店「ドルジュバ」に行ったら壁にはこんな張り紙が
ドルジュバ
「2013年2月13日付連邦法 <<タバコの煙と受動喫煙から市民の健康を守るについて>>の
No.15-F3に基づき、レストラン「ドルジュバ」内での喫煙は禁止です」と書いてあります。

以前はテラス席なら喫煙オーケーというお店も多くありましたが、今ではそれも禁止。
ウズベクレストランのテラス席にもこんな喫煙マークが置かれています(観葉植物の上の赤いフラッグに「禁煙」と書かれています)。
mini_チャイハナNo1テラス席
カフェのドアにも禁煙マークが。
カフェハウス禁煙

レストランやカフェだけでなく、住宅の入口、バスの停留所、地下歩道、鉄道駅、空港、浜辺、スタジアムなどでたばこを吸うことはできません。ホテルからもタバコが吸える部屋がなくなりました。

ショッピングセンターやカフェ・レストランでは、こんな風に外に灰皿が置かれていて、
そこでは喫煙できます。

入口に灰皿が置いてあります

このお店も入口に灰皿が

 お店の入り口に灰皿が置いてあります

 こちらも、お店の外なら喫煙可能です


基本的にタバコを吸っていいのは、近くに学校や幼稚園等の教育施設、病院、地下鉄駅、美術館や博物館、劇場がない場所とのこと。

今は暖かいからあまり影響はないですが、真冬で、どんなに寒くても外でタバコを吸わなければならないわけです。
ロシアでも遅ればせながらスモーカー受難の日々が始まりました

これからロシアを訪れる喫煙者の皆様、お気を付け下さいね/あーしゃ/モスクウ在住フリーライター


02.gif一昔前は、スモーカー天国だったロシア。今やタバコを吸える場所を探すのに一苦労。時の流れはこんなところにも・・・。もすくわ・サンクトペテブルグへの旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!

国立ロシア美術館展が大阪で始まりました 

2007年11月20日より、大阪・サントリーミュージアムで「国立ロシア美術館展」が始まりました。

ロシア美術館は、ロシアのサンクトペテルブルクにある美術館です。19世紀初頭に建てられたミハイロフ宮殿が美術館になったもので、約40万点にも及ぶロシア美術の一大コレクションを誇っています。

今回大阪での美術館展では同館のコレクションから約100点の絵画、彫刻、工芸を厳選し、18世紀後半から20世紀初めまでのロシア美術史を日本で初めて紹介しているとのこと。

2008年の1月14日までとのことですので、お近くの方はぜひ行かれてみてください。

詳しくは、公式ホームページにて・・
http://www.rusmuseum.jp/

2008年に成田-サンクトペテルブルグ線が就航 

ロシア有数の航空会社トランスアエロ航空(UN)が、来年4月ごろから成田-サンクトペテルブルグに最大週2便で直行便を就航させる見通しです。(機材はB767を予定)
B767
現在、サンクトペテルブルグは、トヨタや日産など自動車産業を中心に日本企業の進出が相次いでいますが、ビジネスマンにとってモスクワでの乗り換えが必要な点が悩みの種でした。

9月14~16日に東京・台場のビックサイトで開かれたJATA旅行博にに来日した同社のセリヴョルストフ・レオニド・ステバノヴィッチ取締役顧問は、「特に業務渡航者に対し、ビジネスクラスのサービスと直行便の利便性を訴求していきたい」と語りました。

観光客にとっても直行便で行けるサンクトペテルブルグはますます便利になることでしょう、期待したいですね。

Wikipediaでトランスアエロ航空を調べる
トランスアエロ航空ホームページ

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ