モスクワのおすすめケーキショップ ヴェンスキーショップ 

続きを読む

モスクワの日 

プリヴェット!

9月5・6日は「モスクワの日」でした。
モスクワの成立は1147年、今年で873歳になりました。
毎年9月の頭の土日に行われる「モスクワの日」は、出店が出たり、街の至るところに出来た特設の舞台で催し物がある、とても楽しく賑やかな祝日なのですが、今年はCOVID-19のせいでとても寂しい祝日でした。
センターの様子はこんな感じ。

Russia_Moscow_moscow day_pushkinskaya1

バス停は風船で飾られていましたが、街中は873年と書かれた旗がなびくだけ。

Russia_Moscow_moscow day_bus stop

Russia_Moscow_moscow day_pushkinskaya

お天気が良かったので、街に人はでていましたが、出店も特設舞台もなし。
さみしい~。

モスクワセンターのトベルツコイブリバールもお天気の良い週末を楽しむ市民でにぎわってはいましたが、なんの催し物もなし。 

モスクワ市はコロナの第2波を大分警戒して873年のお祝いを控えましたが、市民はあまり慎重ではありません。

ブリバールのベンチも児童公園も人が多いのにマスクもしてない人ばかり。

Russia_Moscow_moscow day_bulivar1

Russia_Moscow_moscow day_bulivar2

交通機関の中では「マスクと手袋をしましょう」の放送が頻繁に流れていますが、していない人がほとんど。大丈夫かな、モスクワ?

トベルツコイブリバールで花畑の真ん中で寛ぐ仔馬を発見。

Russia_Moscow_moscow day_bulivar3

ちょっと心が和みました。

モスクワでは、カランチンで3月末から閉まっていた劇場が9月から開きました。
日本でも有名はボリショイ劇場も9月6日にオペラ「ドンカルロス」で245シーズンが始まりました。
Russia_Moscow_moscow day_bolshoi

ボリショイ劇場は、2席ごとに1席空席にする形でチケットを販売しています。

Russia_Moscow_moscow day_bolshoi ticket

折角、開幕した245シーズンですが、9月10日のドンカルロスが出演者にコロナ感染者が出たために公演が中止になってしまいました。
とりあえず、1公演だけの中止で、バレエの公演には影響ないようです。
なんとか今シーズンはどこの劇場もシーズン最後まで公演出来るといいのですが。


2020年9月の気温・為替・物価・服装(モスクワ・サンクトペテルブルク) 

illustrain01-otsukimi08.png気候
モスクワ
最低:  6 ℃
最高:  16 ℃ 

サンクトペテルブルグ
最低: 8 ℃
最高: 14 ℃

(2019年のデータに基づいた平均気温です)

illustrain08-otsukimi03.png為替
1USD = 75.21 RUBLES
1EUR = 89.27 RUBLES
1 RUBLES = 1.44 YEN

*2020年9月現在

ロシアでは日本円←→ルーブルの両替が困難です!
両替できた場合も、換算レートが悪くなります。
両替には、USドルまたはユーロが便利です。
また、トラベラーズチェックの換金も不便ですので、現金またはクレジットカード(VISA,MASTER,など)をご用意ください。クレジットカードは主要ホテル、デパート、土産物店等でご利用いただけます。
(JCB、,AMEXはご利用いただけない場合があります。)

illustrain01-otsukimi08.png物価
マクドナルドのビッグマック: 135ルーブル
地下鉄(1回券): 57ルーブル(モスクワ)、55ルーブル(サンクトペテルブルグ))→ 地下鉄の一回券が値上がりしました!
ロシア製ビール(小ビン): 約50ルーブル~
ミネラルウォーター : 約50ルーブル~
*2020年9月現在

illustrain08-otsukimi03.png今月の祝祭日
なし

illustrain01-otsukimi08.png服装
モスクワはすっかり秋の気配です。
これからどんどん木々は黄葉し、9月末には短い黄金の秋を迎えます。
日中は暖かいですが、太陽がかげると途端に気温が下がりますので
お出掛けの際は必ず羽織るものをお持ち下さい。
街を歩く人々もしっかり上着を着ています。

お役立ち9月_resise


にほんブログ村


にほんブログ村

モスクワ おすすめブックカフェ 

プリヴェット!

ゴーゴリブリバールの先にある「ニキーツスキーブリバール」沿いは、おしゃれなレストラン・カフェ、博物館や劇場が集まるとても面白い地区の一つです。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_nitskii bulibar


ブリバールの出口には、世界的に有名なソ連時代からある通信社「タス通信」があります。
タスの建物の前ではいつも何らかの写真展が行われていて、毎回この前を通る度に写真をみるのが楽しみ。 
今回の写真展のテーマは「ロシアのツーリズム」。
中にプーチン大統領の写真があったのですが、その前で一緒に写真をとるロシア人女子がいたりして、見ていて面白かったです。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_TASS2

Russia_Moscow_cafe coffee piu_TASS1

タスは、ニキーツキーブリバールと、その次のトベルツコイブリバールの境目にあります。
そこから、少しゴゴーリブリバールの方に進むと、ロシア国立東洋博物館があります。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_oriental museum

中国・韓国・日本だけでなく中央アジアのコレクションがすごく豊富なとても面白い博物館です。 明治天皇がニコライ2世の戴冠式に贈ったプレゼント「象牙の鷲」や、戴冠式に出席した日本人の写真が展示されています。 * 今は、電子チケットで事前購入しないと博物館には入れません

更に先に進むと、レストラン・カフェが見えてきます。
こんな、「リューマチナヤ50グラムづつ」なんていう超ロシアなお店。
ウオッカを飲むお猪口のようなグラスをロシア語でリューマチキ。ウオッカは50グラムづつ注文することが多いので、きっとウオッカが飲めるお店なのでしょう。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_ryumachki

こちらは「ワインバザール」

Russia_Moscow_cafe coffee piu_wine bazar

パブやフレンチビストロのお店もあります。
どこもテラス席が気持ちよさそう~。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_pub

Russia_Moscow_cafe coffee piu_french bistro

ちょっと変わったコーヒーショップも。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_exterior

Кофе пью コーフェピユー」(日本語でコーヒーを飲むという意味)というお店。 

「Кофе пью и читаю コーヒーを飲んで読む」がコンセプトのカフェです。
面白そうなので入ってみました。
お茶だけでなく、ちゃんとした食事もとれるカフェです。
店内のインテリアが素敵。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_interior1

柔らかい感じで落ち着くなぁ。
外国の景色の映像が流れていました。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_interior2

読むがテーマなので、勿論、本棚が置いてあります。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_interior3

村上春樹の本があってびっくり!

Russia_Moscow_cafe coffee piu_murakami


このカフェには抹茶のメニューもあるので、オーナーが日本好きなのかも。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_matcha


本棚の上には、いろんな小物が置いてあるのですが、気に入れば買うことが出来ます。
こんな可愛いバッグ(850ルーブル 約1275円)もありますよ。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_bags

お店に置いてあるスィーツは全て手作りだそう。

Russia_Moscow_cafe coffee piu_coffee and cakes

超ロシアなケーキを2つ選びました。
シャルロートカ(リンゴのケーキ)とカルトーシュカ(じゃがいもという名のチョコレートケーキ) それぞれ、270ルーブル(約405円)と180ルーブル(約270円)とお値段もリーズナブル。
リンゴのケーキがしっとりしていて沢山リンゴが入っていてとても美味しい~。
もし、このお店に行くことがあれば絶対お試し下さいね。



こんな風に街歩きを楽しめる季節が長く続けばいいなぁ。/モスクワ在住フリーライター


にほんブログ村


にほんブログ村

モスクワのおすすめ並木道/お散歩にぴったり💛 

プリヴェット!

モスクワには4つの輪があることをご存知ですか?
4つの輪とは、ブリバール(並木道)、サドーボエ・カリツォ(ガーデンリング)、トレーチー・カリツォ(第3環状)、MKAD(モスクワ環状道路)、つまり4つの環状道路があるのです。

一番内側にあるのは、ブリバール(並木道)の輪。
モスクワのセンターをぐるっと囲む並木道の遊歩道です。 緑が多く、お散歩に最適なブリバールはモスクワっ子の憩いの場でもあります。
切れ目なくモスクワセンターを一周しているのではなく、いくつかのブリバールに分かれています。
そんなブリバールをこれから少しずつご紹介したいと思います。

今日ご紹介するのは、メトロ「クロポトキンスカヤ」からアルバート通りを結ぶ、ロシアの有名作家ゴーゴーリの名前がついたブリバール。 メトロ「クロポトキンスカヤ」にはモスクワの観光名所「救世主大聖堂」があります。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_metro kropotkinskaya

Russia_Moscow_Gogoli bulivar_church

メトロのアーケードをくぐったところからブリバールは始まります。
入口付近にこんなオブジェ(ウサギ? ヤギ?)。 さるのオブジェもありました。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_object

道先案内のインフォメーションもあるので、どこに向かえばいいかわかり易い!
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_information arrow

まっすぐ進みます。

あ、ちょっと面白い銅像が見えてきました。 
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_Shorokhov
.JPG
「静かなるドン」で有名な小舟にのった作家ショーロホフの銅像です。
後ろには、彼の小説の一部分を描いた河を渡る馬達をもしたオブジェ。

ショーロホフのすぐ横に、私が最近よく来るちょっと素敵なカフェがあるので、ご紹介しますね。
ガストロマーケット「ゴーゴリ・モーゴリ」の中にあるカフェです。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol exterior

窓から、ブリバールが見えます。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol from window

コーヒーだけでなく、ケーキやお菓子もすごく美味しいのですよ。
いつもショーウィンドウの前で悩んでしまいます。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol cakes1

Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol cakes2

ガストロマーケットなので、普通にパンや、野菜・果物、ワインも売っています。
2階はワインバーと、簡単に食事ができるスペースがあります。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol inside3
    
カフェ部門は入口を入って右側です。
先に支払をするセルフサービススタイル。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol inside1

Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol inside3

今日のセレクションはこれ。 美味しそうでしょ?
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol baklawa

Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol Mogol pirog

自家製バクラワ(グラム売り117ルーブル 約176円)と梨とアーモンドのケーキ(250ルーブル 約375円)。飲み物はブレンドコーヒー(150ルーブル 約225円)とラテ(190ルーブル 約285円)。 * 価格は2020年8月現在)
梨とアーモンドのケーキは絶品でした。

一息ついたところで先に進みましょう。

コロナと闘うドクター達の「エピデミック」という名前の写真展をやっていました。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_photo exhibision1

先に進むと、ロシア正教関係の写真展もありました。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_photo exhibision2

ブリバール内にも、ソーシャルディスタンスを守りましょうとの注意書きがありましたが、広々としているので、あまり危険は感じません。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_social distance

先の方にゴーゴリの銅像の後ろ姿見えてきたらそろそろ終点です。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_cafe Gogol2

ゴーゴリの銅像に辿りつきました。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_photo Gogol

ここから、アルバート通りの入口が見えます。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_Arbat

真っ直ぐ前に進むと「ニーキツカヤブリバール」に入り、「トベルツカヤブリバール」を経由し、プーシキンスカヤまで行くことが出来ます。
私は、ゴーゴリの銅像の近くからバスで家に帰りました。

モスクワはもう秋の気配ですが、気がついたら、ななかまどが、こんなに色づいていました。
Russia_Moscow_Gogoli bulivar_nanakamado

まだ暖かいうちに沢山ブリバール巡りをしなくちゃ/モスクワ在住フリーライター


にほんブログ村


にほんブログ村

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ